グランド牧場

English
ユニオンオーナーズクラブ提供馬

PEGASUS-35

馬名 父馬名 母馬名 生月日 毛色 厩舎
フェルンマンボ
(スズカエルマンボの2019)
ヘニーヒューズ スズカエルマンボ 3/8 鹿
栗東
辻野泰之厩舎
近況情報
2021.09.01
 真歌にて、パドック放牧とウォーキングマシン運動を行っております。 獣医師と相談しながら運動を進めていく予定です。
2021.08.01
 真歌にて、獣医師の指示でパドック放牧とウォーキングマシン運動を行っております。 患部の状態は良好で、ウォーキングマシン運動の時間を延ばしております。 獣医師に相談しながら、運動を進めていく予定です。
2021.07.01
 真歌にて、獣医師の指示で引き運動を行っております。 運動を開始後も患部の状態は良好で、少しずつ引き運動の時間を延ばしております。 患部の状態を見ながら運動を進めていく予定です。
2021.06.01
 遠野にて、左後肢第1趾骨骨折のため舎飼療養中でしたが、治療に専念するため 5月14日に真歌に移動致しました。 到着後にエコー検査とレントゲン検査を行い、患部の状態も良くなっており、 現在は獣医師の指示で引き運動を開始しております。 患部の状態を見ながら運動を進めていく予定です。
2021.05.01
 遠野にて、坂路コースで1日3本、3本目に2F17−16ペース、週に1〜2回 2F15−14ペース、ダートコースでは2000〜3000mを乗り、トレッドミルでは 傾斜2度で24キロのスピードで8分間運動を行っておりましたが、4月7日に 馬房内で寝違え、左後肢第1趾骨を骨折してしまいました。 現在は患部を固定し、舎飼療養中です。 安静にし回復に努めていきます。
2021.04.01
 遠野にて、坂路コースで1日3本、3本目に2F17−16ペース、週に1〜2回2F15−14ペース、 ダートコースでは2000〜3000mを乗り、トレッドミルでは傾斜2度で24キロのスピードで 8分間運動を行っております。 順調に調教を消化し、馬体も更に逞しくなってきました。 馬の状態を見ながら調教ペースを上げていく予定です。
2021.03.01
 遠野にて、坂路コースで1日2〜3本、2〜3本目に2F18−18ペース、週に1回2F 15−15−ペースで乗り、トレッドミルでは傾斜2度で24キロのスピードで8分間 運動を行っております。 順調に調教を消化し、15−15ペースのの動きも力強くなってきました。 馬の状態を見ながら調教ペースを上げていく予定です。
2021.02.01
 遠野にて、坂路コースで1日2本、2本目に2F20−18ペースで乗り、トレッドミルでは 傾斜2度で20〜24キロのスピードで5分間運動を行っております。 順調に調教を消化しております。 馬の状態を見ながら調教ペースを上げていく予定です。
2020.11.08
 写真と動画を更新しました。
2020.07.01
 ペガサス2020の情報を公開しました。

生産者コメント

クイーンマンボに続き3頭目のラインナップとなります。天皇賞馬スズカマンボを出した当牧場の根幹を成す牝系です。クロフネ産駒の姉ルナブランカはスピードを重視した配合と言えますが、今回はパワーアップを狙い、自身、産駒ともにダート適性の高いヘニーヒューズをセレクトしました。狙い通り、非常に力強い馬体の本馬が誕生しました。気持ちの面でも母系の良さである芯の強さを持っており、競馬で勝負強さとして発揮されるでしょう。マイル前後を中心に、姉のように牝馬の交流重賞で活躍してほしいです。
血統
ヘニーヒューズ
栗 2003
ヘネシー Storm Cat
Island Kitty
Meadow Flyer Meadowlake
Shortley
スズカエルマンボ
鹿 2005
シンボリクリスエス Kris.S
Tee Kay
スプリングマンボ Kingmambo
キーフライヤー